ふと、空を見上げたら

一度に更新するので、コメントはどの記事でも大歓迎です♪

あんずくん、天国へいきました。  

彼氏さんが面倒を見てくれていた

オスラットのあんずくん。

今日、亡くなりました。

半年前に脇腹のあたりに腫瘍が見つかりました。

そのときは私はそこまで気にしてなかったんですが
(膨れてるかな?分からない・・・ぐらい)

毎日お世話してたら気付くもので

やはり徐々に大きく成長してしまう腫瘍。

病院に連れて行ってましたが

動物にとってはかなり負担の大きい手術、

短い寿命のことを考えるとなかなか踏み切れず、

結局自宅療養を選んだようです。

私の考えとしては、

上記で言われてるように短い寿命で

病院でのストレスを与えるのが可哀想なので

うちの子たちに腫瘍ができても

最初から自宅療養を選ぶつもりです。

元々が命の短い動物。

なのに怖い思いさせるのはかわいそうな気がします。
(かと言って手術を選んだ人を批判する気はないです。)

まぁ、どれが正解なんて分からないですけどね。


みるみるうちに腫瘍が成長し、

亡くなる直前は体の大きさにまでなってしまいました。

そうなると歩くこともままならず、

自分はまっすぐ歩いてるつもりでも

横歩きになってしまい、

すごくもどかしかったんじゃないかな。

さらに大きくなった腫瘍の重みのせいで

ひっくり返るようになりました。

夏場なので水が飲めないと辛いのに、

日中は仕事なので見てやることもできず。

病気で食欲も落ち、

毛並みも薄く悪くなりました。


彼氏さんによく懐いていたのでかなり辛いと思います。

元々はブリーダーさんに返す予定のラットでした。

最初オス2匹だと思って飼っていた

あんずくんとレオちゃん。

元気な子どもが10匹生まれ
(ほんとあのときはビックリした・・・)

子ども達は里親さんに引渡し

母親とメスの子ども1匹を手元に残すことにしました。

何回か様子を見に来ていた彼氏さんが

送り返すのも距離が距離で可哀想だし
(愛媛と本州中間なので遠いです)

愛着が湧いたので自分が飼うと言ってくれ、

今まで飼ったことのない小動物との生活が始まりました。


彼氏さんも実家にダックスフントを飼っているので、

今までペットショップに行っても

ダックスにしか興味を示さなかったのに

飼い始めるとネズミが可愛くなったようで

小動物コーナーにも進んで

見に行ってくれるようになりましたw



最初は大きいし怖さの方が勝ってたみたいですが

慣れてからは私が引くぐらいの溺愛ぶりw

家に入るたびに

どこから出してるのってくらい甘ったるい声で

あんずくんに話しかけ、

それはそれは可愛がってました。

最初がそこまで興味のある感じじゃなかったので

ここまでハマるとは思いませんでした(^^;)


腫瘍が大きくなってからのことを考えると、

思ったよりも頑張って長生きしてくれたと思います。

急に容体が変わったのが2日前。

腫瘍から出血がありました。

写真を送ってもらいましたが

かなり血が出ているようで

グッタリしてるような様子でした。

もうその日の内に

死んでしまいそうな感じだったらしく

覚悟を決めたそうです。

そしてその翌日、仕事から帰ると

すでに息を引き取っていました。

まだ少し体温が残っていたようなので

ほんとに少しの差で逝ってしまったのかな。


あれだけ可愛がっていたので

ペットロスになりそうです。

今まで飼ってきたハムスターもそうだけど、

死ぬと穏やかな、落ち着いた顔になりますよね。

あんずくんもそんな表情をしていたので

安心したと言っていました。

私にできることは話を聞いてあげるぐらいだけど

少しでも早く気持ちが落ち着くといいな。


あんずくんは実家のお庭に埋めてあげたようです。

次、彼氏さんの実家にお邪魔するときは

手を合わせたいと思います。

ありがとうね、あんずくん。


うちの子たちは相変わらず元気でやっています。

ただ、少し肥えたかな(^^;)

いつかやってくる別れの日まで

愛情を注いで大切にしたいと思います。



*************************************
ランキングに参加しています。アクセスアップ始めましたw
にほんブログ村  
気が向いたら押してやってください♪

*************************************

category: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

プロフィール②

最新コメント