ふと、空を見上げたら

一度に更新するので、コメントはどの記事でも大歓迎です♪

あずきが亡くなりました。  

10月初めにあずきが亡くなりました。

今月は旦那さんと東京旅行をする予定を立てていて、

その時点ではだいぶ腫瘍が大きく弱っていたので

もうそろそろかなという予兆はありました。


最初に腫瘍に気付いたのは旦那さんで、

脇~脇腹のあたりに小さな膨らみができていました。

もう年齢も年齢ですし

賛否両論あるでしょうが

私は飼った当初から病院に連れて行く気はなかったので

見守ることにしていました。

亡くなる直前まで食欲もあり、

弱ってはいたもののきちんと最期まで

生きようとしてくれていました。


2年半生きたので、レオとほぼ同じですね。


この子は

うちで生まれた子(レオとあんずの子供)ですが、

あまりなついてくれてる感じはありませんでした。

それはそれで構わないんですけど、

あんずパパ似で臆病で慎重な性格で、

顔は3匹の中では一番美形。
(間違いなくレオの子だけど誰に似たんだろうw)

おやつを手から受け取ってくれたり

遊ぶときは膝にも乗ってくるし、

なでられるのはレオと同じで苦手みたいだったけど

可愛い子でした。


あんずパパも腫瘍で亡くなりました。

あんずの場合は腫瘍が破裂してしまったみたいで、

亡くなるときは血まみれ。

あずきも同じように破裂してしまうんだろうか、

と思っていましたが

最期は老衰だったのか、

力尽きて亡くなった様子でした。



結局あずきも最期を看取ることはできなかったけど、

苦しんで死んだわけじゃなかったので

とりあえずは一安心。

後半は腫瘍が重たくて動くこともできず、

うんちとおしっこもグチャグチャになってて

定期的に掃除しても臭いがキツかったです。


ただでさえラット小屋は臭いがキツイ方なので

ものすごい臭いがしてました。

これ夏場だったら大変だっただろうな・・・。


毛の生えてない頃から見ているし、

もしかしたら私になついていないのは

兄弟を里親に出すのを経験したからかも。

順番に里親に出したから

いつも兄弟で寄り添って寝てたのに

少しずついなくなって寂しかったのかもしれないね。


息をしていないことに気が付いたのも旦那さんで、

亡くなった後は体を綺麗に拭いてあげました。

抱えてみるとほんとに腫瘍が重たい。

こんなに小さな体にこんな大きな腫瘍、

動くのもしんどかっただろうな。

腫瘍だけポロッと取れてしまいそうな感覚だったので

怖くて生きてるときも後半はケージから出せずに

寝たきり状態。

あずきはレオとあんずと違って、

外に出してもすぐに自分から家に戻る子でした。


それでもお気に入りスペースがあるようで、

しゃがんだ私のお尻の下やゴミ箱の裏側からは

しばらくしても動かず

かなりリラックスしてる様子でした。


ちょうどその週に東京旅行を控えていたので

すぐに火葬ができず

1週間ぐらいは冷凍庫で腐敗を抑えて

ようやく火葬することができました。


これで私のラット飼育は終わりです。

本当はまたすぐにでも飼いたいんですが、

そろそろ子供を・・・と考えて保留。

また落ち着いたら買うかもしれません。


ラットが好きすぎて

お世話を苦痛に感じたことはありませんでした。

それは介護が必要な状態になっても同じでした。

私のかわいい子供たちです。

ペットの画像フォルダもパンク状態ですw

うちの子になってくれてありがとうね。

寂しいけど、すごーく寂しいけど

とても楽しい飼育経験でした。

本当にありがとう。



*************************************
ランキングに参加しています。アクセスアップ始めましたw
にほんブログ村  
気が向いたら押してやってください♪

*************************************

category: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

プロフィール②

最新コメント